便利なモノコト

無料送金アプリpring(プリン)が便利すぎる!!使い方やキャンペーンなど

こんにちは!じろうまるです。

最近急速に進んでいるキャッシュレス化でいろんな送金アプリが登場していますが、『pring(プリン)』ってご存知でしょうか??

どれも同じように見える送金アプリの中で、pringは他とは一線を画した独特の送金アプリ(投げ銭アプリ)なんです

以下、何がそんなに画期的なのかを説明していきますね。

最新のお知らせ

全国のファミリーマートで使えるようになりました。

送金アプリpringがスゴイ!!

pring(プリン)ってどんなアプリ?

pringはメタップスグループの株式会社pringが運営している送金アプリ。プリングと読んでしまいそうになりますがプリンと読みます。

チャージ方法は"対応の銀行口座"からの一択。銀行口座と紐付けて使うアプリなので、口座がないと利用できません。

※アプリ登録後の口座開設も可能です

"お金コミュニケーションアプリ"と謳っているようにお金の送金に特化していて、お金のやり取りにかかる手数料は全て0円(タダ)。

  1. 銀行口座からアプリへの入金
  2. アプリから銀行口座への出金
  3. 個人間の送金
  4. 一部店舗での支払い

を全て無料で行うことができます。

特にアプリから銀行口座への出金も無料というところが、他のアプリとは異次元だと思うポイント!!

これにより"お金の通り道に全く手数料がかからない"を実現しているんです。

また、pringを使えば自分で所有している2つの銀行口座間のお金も無料で移動できるなど、今までの固定概念を覆すような便利な使い方ができます。

他のアプリとの違い

pringはお金の流れをスムーズにすること自体が目的のアプリ。LINE Pay等のように自社サービスの利用を活発にさせようという雰囲気は少ない気がします。

ほとんどの送金アプリの目的は後者のため、出金しようとすると出金手数料がかかったり出金できないパターンが多いですよね。

出金も無料でできるというのが、pringの一番の凄さだと言えるでしょう

投げ銭アプリへの進化

2020年1月から『pringチーム』という、pringユーザー限定のSNSコミュニティ内で簡単に投げ銭ができる機能がスタートしました。

無料送金アプリでありながら、"投げ銭アプリ"としても進化してきています。

アプリの登録方法

アプリのダウンロード

まず、アプリをダウンロードしてみましょう。

pring(プリン) - 投げ銭アプリ

pring(プリン) - 投げ銭アプリ

pring Inc.無料posted withアプリーチ

登録する

アプリダウンロード後、端末認証・SMS認証・パスワードの登録・会員情報の入力をして、登録完了となります。

pringはLINEと同じように1人1アカウントしか作れません。複数アカウントを持つことは利用規約違反なので、上記のような手続きが必要になっています。

マルチフェイス機能というサブアカウント作成機能が追加されました。場合によって別垢を使い分けできるのは嬉しいかも。

複数の端末で使用できますか?

いいえ、使用できません。1電話番号につき1つのメインアカウントと、2つのサブアカウントを作成できますが、お一人で複数のメインアカウントを保持することは利用規約違反であり、アカウント停止の対象となります。

引用:pring公式サイト(よくある質問)

友達招待キャンペーン中なら

pringでは期間限定で友達招待キャンペーンをやっており、登録時の招待コード入力でいくらかお金がもらえる時があります。

※現在開催中の友達招待キャンペーンはありません

 

招待コードを入力するタイミングは、アプリダウンロード後。トップページ上部のバナーをタップするとコード入力画面が出ます。

※ニックネームは紹介者(私)に表示されるので本名は控えた方がいいと思います

銀行口座と紐付けする

①トップ画面右下の「チャージする」をタップ

 


②チャージの「+新規口座の追加」をタップ

現在pringを利用できる銀行は下記の42銀行。

ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、auじぶん銀行、イオン銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、愛知銀行、あおぞら銀行、阿波銀行、伊予銀行、SBJ銀行、愛媛銀行、関西みらい銀行、北九州銀行、紀陽銀行、熊本銀行、群馬銀行、京葉銀行、滋賀銀行、四国銀行、七十七銀行、親和銀行、常陽銀行、スルガ銀行、仙台銀行、千葉銀行、筑波銀行、東邦銀行、八十二銀行、百十四銀行、広島銀行、福島銀行、北洋銀行、北海道銀行、宮崎銀行、武蔵野銀行、琉球銀行です。

引用:pring公式サイト(よくある質問)

私が登録した時点(2018年9月頃)はまだ9銀行しか対応していませんでしたが、すごい速さで進化してますよね!!

これからもまだまだ増えていくんじゃないかなぁ。

使用方法

チャージする

①銀行口座の紐付けと同じように、トップ画面の「チャージする」をタップ。

 

②紐付けした銀行口座を選択し、「チャージする」をタップ。

最低チャージ金額は500円(1日上限100万円)

送金する

赤丸で囲った「お金をおくる」をクリック。送りたい人を選択します。※1円単位で送金できます

ちょうど100円あったので夫に送金してみました。(その前にも立替てもらった3900円を送ってた)

送りたい人のアイコンを選択するとLINEのように1対1の画面に。チャット機能があるので会話もできます

知らない人とも匿名でやりとりすることができますし、夫婦・両親・兄弟間のお金のやりとりにもとっても便利。

トップ画面真ん中の「お金をもらう」で、自分から相手に代金を請求することもできます。

2019年7月からはスワイプ送信もできるようになりました。

送金上限は1日あたり10万円
(メインアカウント・サブアカウント各々)

出金する

お金をおろす」をタップ。

手順はチャージと同じです。

出金上限は1日あたり10万円

店舗で払う

これはまだ対応店舗が少ないようで、使う機会は少ないかも。

全国のファミリーマートで使えるようになりました

便利すぎる意外な使い方

pringに自分の口座を2銀行分紐付ければ、手数料無料で銀行間のお金の移動ができます

これは地味にめちゃくちゃ便利よね~。便利って何回言うんだって感じだけど、今までの銀行の常識を完全に破壊。

もはや家計管理で「振込手数料月◯回無料」なんて気にせずお金の移動ができますよね。

楽天銀行の注意点

2019年6月24日から楽天銀行の出金・入金について変更がありました。特に問題ないレベルの変更かと思いますが、使用回数には注意が必要です。

楽天銀行への出金

  • 月3回まで無料
  • 月4回目以降 216円

楽天銀行からの入金

  • 1日1回まで無料
  • 2回目以降 216円

その他

ポイントサイトの交換先に対応

下記ポイントサイトでは、貯めたポイントをpringに出金可能。

  • ポイントインカム
  • ちょびリッチ
  • アメフリ

pringに出金できる=手数料無料で現金化できる(銀行口座に出金可能)ということなので、ポイント交換先としても優秀です。

※手数料がかかる場合もあります

セブン銀行ATMで出金可能

pringにチャージしたお金を全国のセブン銀行ATMで出金できます。セブン銀行の口座を持っていなくても大丈夫。

  • 1000円から出金可能
  • 1日1回手数料無料
  • 2回目からは手数料216円
  • pringへの入金はセブン銀行ATMではできない

まとめ

ホントに面白いサービス

そんなこんなでpringが素敵すぎるので、もっと多くの人に知ってもらいたいと思って記事を書きました。

これからのキャッシュレス時代、送金アプリはなくてはならないものになると思いますが、その中でもpringは目のつけどころが面白いなぁと感動。

アプリ画面の余計なボタンが一切ないシンプルデザインもいいですよね。

さらに、新しく始まった『pringチーム』にしても・・・本当にやってることが画期的で面白いんですよ~。(そのうち別記事で書きます)

一番便利な送金アプリといえばpring」と日本中に浸透していってほしい!!陰ながら応援してま〜す。

メディア掲載のお知らせ

当記事が『レバテックフリーランス』様のスマホ決済・送金アプリ特集ページに掲載されました。

色々なサービスが紹介されているので、よかったらチェックしてみてくださいね。

https://freelance.levtech.jp/guide/detail/919/